10月11日(水)に,2年1組さんが,音読劇を発表していました。お客さんは1年1組さんです。

2年生は国語で『1年生にくりかえしの物語のおもしろさをつたえよう』という単元のいよいよ最後のクライマックス,「名前をみてちょうだい」の音読劇を表現し,クイズも出していました。

「名前をみてちょうだい」は,主人公のえっちゃんが,自分の名前が刺しゅうされた赤い帽子を介在して,次々と新しい登場人物に出会いやりとりをします。このやりとりの繰り返しを楽しみながら,想像を膨らませ、2年生は読みを深めてきました。また昨年1年生のときに,6年生に影絵の入った劇をみせてもらった経験をもっています。学習したことを1年生に伝えたい!その際に是非,音読劇をやってみたい!という願いをもって,学習を積み重ねてきた成果を今日見ることができました。

海田南小学校は,広島県学びの変革実践指定校として,課題発見・解決学習に取組んで2年目になります。子供たちの主体的・対話的で深い学びを進めています。

※来週,平成29年10月17日(火)は,海田中学校区で行う研究発表会です。是非お越しください。

広告