1月7日海田南小学校のグラウンドの2基のとんど焼きが始まりました。各家庭からもちよられた正月の松飾り、しめなわ、書き初めなどがおおきなとんどの火にまかれました。かきぞめは高くのぼると腕が上がるという言い伝えもあります。

多くの地域のみなさんと保護者のみなさん、子供たちが一緒に集まって新年のあいさつをかわし、笑顔で美味しいぜんざいをいただき語り合うという場としても、継承したい行事のひとつだと感じます。

準備から片づけまで,みなさま本当にありがとうございます。

広告